屋久島 エコツアー ガイド YNAC コケさんぽ、のんびり ゆっくり 一人旅。屋久杉ツアーならお任せ、カヤック、沢登り、MTB

ツアー満足率96%:女性に人気の大人のツアー
屋久島を知り尽くす 旅ガイドのサイト
屋久島 ツアー ガイド なら満足度95.9%の 屋久島野外活動総合センター YNAC
屋久島 ツアー ガイド なら満足度95.9%の 屋久島野外活動総合センター YNAC
  • HOME
  • 屋久島を体験したいあなたへ
  • ツアーの紹介
  • お客様インタビュー
  • お役立ちアドバイス
  • お問い合わせ
  • 地図・行き方

YNACブログ

冬の屋久島②

2013年12月13日

屋久島の冬は鹿児島本土よりやや暖かく、平野部ではめったに氷が張ることはありません。
ハイビスカスなど熱帯性の植物で、寒さに比較的強い種類の花が、通年咲いています。
ハイビスカス

12月11日現在、屋久島南部ではひまわりとコスモスが咲いています。
南部は北西の季節風が山岳部によって防がれ、晴れ間が多く暖かいのです。
12月のひまわり
【冬に咲く屋久島のひまわり】
12月のコスモス
【秋の名残り、コスモス畑】
冬にひまわり、コスモス、というのも新鮮で、旅行者は驚いて見入っています。

=====
冬の装備ですが【防寒】と【防水】が大切です。
白谷雲水峡やヤクスギランドなどは雨が多く、しっかりしたレインウェア(ゴアテックスか同等品)と
ダウンジャケット、化繊中綿ジャケット(濡れにやや強い)、フリースやセーターなどで防寒します。
最近では撥水ダウンが採用されたものもあり、雨にも強くなっているようです。

防水タイプの手袋があるとより良いです。
軍手など吸水性の良いものはNG!!手先が冷えます。

足元は防水のトレッキングシューズが良いです。
雨天時、ミドルカットやローカットのシューズならば、ゲイター(スパッツ)との組み合わせが◎

ザックカバーだけでは完全に防水できませんので、濡らしたくない貴重品やカメラなどは
タオルなど布でくるんでビニール袋でしっかり防水しましょう。
キッチン用品のチャック付き保存袋が便利です。

エネルギー補給には甘い飲み物も○、暖かいとなお良いです。
保温ボトルにお好きな飲み物を詰めて行きます。

装備の例)
ニットキャップ・ネックウォーマー
レインハット
レインウェア
ダウンジャケットor化繊中綿ジャケット
フリース orセーター
スポーツタイツ上下(保温の効果)
速乾のロングパンツ
防水トレッキングシューズ&ウールソックス
ザック&ザックカバー
カイロ
保温ボトル(まほうびん)
甘いもの
折り畳み傘、敷き物(あるとお昼休憩などに便利)
予備のビニール袋
タオル
=====

早いもので今年もあともう少し。
すでに来年の旅行計画を立てられている方もいらっしゃるようです。
春休みやGWのお問い合わせを少しずついただいております。

コースや装備など、ご不明点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

屋久島を知り尽くす旅ガイドに聞く

↑ PAGE TOP