屋久島 エコツアー ガイド YNAC コケさんぽ、のんびり ゆっくり 一人旅。屋久杉ツアーならお任せ、カヤック、沢登り、MTB

ツアー満足率96%:女性に人気の大人のツアー
屋久島を知り尽くす 旅ガイドのサイト
屋久島 ツアー ガイド なら満足度95.9%の 屋久島野外活動総合センター YNAC
屋久島 ツアー ガイド なら満足度95.9%の 屋久島野外活動総合センター YNAC
  • HOME
  • 屋久島を体験したいあなたへ
  • ツアーの紹介
  • お客様インタビュー
  • お役立ちアドバイス
  • お問い合わせ
  • 地図・行き方

YNACブログ

海の小さな生き物たち

2013年12月19日

屋久島の宝物
色とりどりの貝殻たちです。
冬の屋久島の海は北西の季節風が影響し、波が高い日が続きます。
時化(しけ)のあとに「永田いなか浜」に行くと、たくさんの貝殻が打ち上がります。
海岸で貝殻などを拾い集める遊びを、「ビーチコーミング」といいます。

例えば下段中央のピンクの貝は「ルビーフタナシシャジク」という種類。
実物の大きさは10mmにも満たないサイズです。

また、上段中央の黄色いホタテのような貝は、スタッフ市川による西部ツアーの中、
いなか浜に立ち寄った際に拾われた方もいらっしゃるかと思います。
「幸せを呼ぶ黄色いホタテちゃん」と呼んでいる貝が「ツヅレナデシコ」とい種類です。

貝殻コレクターや研究者の間では「微小貝」というジャンルで、
こうした小さな貝は可愛らしく、人気が高いのです。
貝類研究者のお話によると屋久島では沖縄より打ち上がる種類が多いそうです。
新種も次々見つかる可能性を秘めています。
海への冒険は潜らずとも、海岸散策をするだけで楽しいものです。

屋久島を知り尽くす旅ガイドに聞く

↑ PAGE TOP