屋久島 エコツアー ガイド YNAC 知識が豊富で楽しさ満載。静かな縄文杉、屋久杉ツアーならお任せ、カヤック、ダイビング、沢登り、MTB

ツアー満足率96%:女性に人気の大人のツアー
屋久島を知り尽くす 旅ガイドのサイト
屋久島 ツアー ガイド なら満足度95.9%の 屋久島野外活動総合センター YNAC
屋久島 ツアー ガイド なら満足度95.9%の 屋久島野外活動総合センター YNAC
  • HOME
  • 屋久島を体験したいあなたへ
  • ツアーの紹介
  • お客様インタビュー
  • お役立ちアドバイス
  • お問い合わせ
  • 地図・行き方

YNACブログ

憧れの白谷雲水峡へ。夫婦水入らずのトレッキングツアー

2016年2月27日

朝陽の白谷雲水峡

ご家族3名様で屋久島旅行を楽しまれたS様より、白谷雲水峡ツアーのレビューをいただきました。S様ありがとうございました。

=====

昨年、9月のシルバーウィークに屋久島に家族で行きました。

1歳の息子を連れて行きましたが、1日だけ島の保育園に預けて久しぶりに夫婦水入らずの時間を作りYNACさんで白谷雲水峡・原生林コースのトレッキングに参加しました。

YNACさんでは、ガイドさんがトレッキング前から屋久島に付いてすごく丁寧な説明をしてくれてました。トレッキング中も、島や動植物について分かりやすく説明をしてくれました。何か発見する度に立ち止まり、ガイドさんがホワイトボードに書いたり、一眼レフカメラで撮影して拡大して参加者全員が見やすいようにして説明がありました。

ツアーの速度はちょうど良くて、ただ目的地に向かって進むのではなく屋久島の自然を堪能しながら歩けました。

最後の最後まで、写真撮影のスポットや発見したものを丁寧に案内してくれて本当に楽しかったです!YNACさんのツアーに参加して大正解でした。ツアーの後に、保育園に息子を迎えに行くと大自然の中で思う存分楽しんで私達以上にはしゃいだ様子の写真をもらいました。次回は、息子と一緒にトレッキングに参加したいです!

=====

S様、初めての屋久島旅行を思う存分楽しまれたようですね。

今回は1歳のお子様連れということで、お子様はお留守番でしたが、いつか自分の足で野山を走り回れるように成長したら、今度は屋久島をご家族全員で楽しんでくださいね!

 

【ちょっとQ&A】

Q.幼児のツアー参加は可能ですか?

A.原則として白谷雲水峡ツアーは、対象年齢10歳以上となります。

自分の足で1日歩くことができ、自然に興味を持つ活発な子であれば、ご相談承ります。

幼児のツアー参加は貸切ツアー設定や、コース限定、お子様の体力等考慮いたします。お気軽にご相談ください。

屋久島、春が来てますよ~

2016年2月19日

屋久島の天気予報は最高気温15度、という日でも日中の気温が25度近くまで行く日もある、今日この頃です。

だんだんと気温が高い日も多くなり、春の花が次々に咲いています。

菜の花はもちろん、道端でれんげがカワイイ姿で咲き誇っていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

れんげにはミツバチも訪れます。

雨の日はニホンヒキガエルの産卵があるようです。

夜は気温が15度を下回るのですが、カエルたちは平気なんですね。

外温動物といっても両生類は低温でも活動できる種類がいます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
水たまりに産んだ、ひも状の卵塊。小さい子はこういうの大好きですね。

一週間もすれば、小さなオタマジャクシたちがもぞもぞと泳ぎだします。

春は命の芽吹きの季節、これからどんどん楽しくなりますよ!

 

一人旅のススメ

2016年2月9日

朝陽の白谷雲水峡2月、3月は一人旅の割合が多い季節です。

決算期、あるいは受験シーズンという季節柄かなかなかグループでの旅行が難しいのも理由のひとつでしょう。転職の合間にいらっしゃる方も多いですね!

年中楽しむことができる屋久島で、交通費がちょっとお得になるこの時期は、一人旅に絶好の時期でもあるのです。

☆飛行機に空席が多い!夏は1か月前でもなかなか取れません。

→ふと休日が取れて思い立って旅立っても何とかなるのがこの時期です!

 

☆格安フリープランなど各旅行代理店のお得商品が安い!冬から春は安い商品があるようです。

→かつて羽田発3泊4日で往復の交通と宿込みで4万円で来ました~という方にであいましたが、一体どんな格安プランをみつけたのでしょうか?

☆レンタカーも空きがあります!GWなんて前日予約は無理ですよ。

→一人旅にはおすすめアイテムのレンタカー。屋久島には良質の温泉もありますし、朝日や夕日を見に行ったり、気ままにドライブするのも最高です!

それに加えて私どもガイドツアーも比較的空きがあり、実質の貸切ツアーになることが多いです。

屋久島へ一人旅に行こう!と思っているあなたにまさにおすすめの時期!

 

☆☆☆一人旅も三者三様、モデルプラン 2月3月の屋久島3泊4日の例☆☆☆

【Aタイプ 旅先での人との出会いと、ガイド付きツアー満足プラン】

1日目:屋久島に朝一便で到着、そのままYNAC「白谷雲水峡」トレッキングツアーへ。

宿は素泊り民宿へ。

全国各地から旅行者が集い、「宴会」を楽しめる素敵な宿もございます。連泊で楽しみましょう!

近くの居酒屋へ食事に行くのもいいですね!

2日目:レンタカーを手配して気のあう仲間でドライブはいかが?

この季節は島の特産品のかんきつ類「タンカン」が無人直売所でたくさん売っています。

ぜひ手に入れて旬の味を楽しんでください。

冬が旬

3日目:YNACツアーの2日目。ガイド付きでしか味わえない「世界遺産 西部の森」へ。

永田いなか浜で休憩をとり、島西部の「西部林道」へ。

世界遺産の森でヤクザル・ヤクシカを観察、ガジュマルの巨木に会いに行きます。
森は貸切状態、静かで幽玄な雰囲気を楽しみます。

IMG_6081

 

4日目:最終日、宿で仲良くなった仲間とお土産ショッピング

旅の思い出に、郵便局から絵葉書を出して「風景印」をおしてもらっては?やくし間の風景印は8種類。

上屋久、安房、小瀬田のほか、長田、一湊、尾之間、湯泊、栗生も【窓口のみ】

 

【Bタイプ がんばった自分へのご褒美プラン】

1日目:屋久島に朝一便で到着、そのままYNAC「西部照葉樹林」トレッキングツアーへ。

温泉つきのホテルまたは大浴場つきのホテルへ。

食事に定評のあるホテル、景色のよいホテル、屋久島で思い切りリラックスしましょう。

人気のホテルは早めの手配をおすすめします。

 

2日目:YNACツアーの2日目。ガイド付きでしか味わえない「白谷雲水峡」ツアーへ。

YNACツアーの解説は自然を良く知り、より自然好きになってもらうための解説です。

ツアーを通して自然の見かたが広がり、楽しみ方も増えますよ!

 

3日目:YNACツアー3日目。これぞ屋久島の森「ヤクスギランド 小花山トレッキング」

屋久杉と人

屋久島屈指の屋久杉の森「小花山の森」。じっくりみていただきたい場所です。

この時期は縄文杉は積雪期、YNACではツアーを行なっておりません。

無理なく屋久島らしい森を楽しむならば「小花山」は見逃せないポイントです。

===

別プラン「本格アウトドア入門 リバーカヤック! 」

image14

3月になれば暖かい日も増え、遊びやすい季節となります。

魚釣り体験や焚き火体験ができるのはYNACのカヤックツアーならでは。

時間を忘れて本格アウトドアデビューの1日を楽しんでください。

===

4日目:終日フリー

ホテルの朝食バイキングをゆっくり楽しんだり、温泉に行ったり。お土産ショッピングも。

旅のアレンジはさまざまです。

初めての一人旅が屋久島です!という方も大勢いらっしゃいます。

お気軽にご相談ください。

 

 

2016年元旦西部ツアー

2016年1月2日

Dscf3489s

2016年の朝がきました!数年ぶりの快晴の空の下、見事な初日を見ることができました。今年こそ穏やかな1年になることを願わずにおれません。

DSCF3518s

今年は元旦から西部のツアーに行きました。まずはめでたいことにウミガメとご対面。

DSCF3520tr

そして田舎浜では、「幸せの黄色いホタテガイ(ツヅレナデシコ?)」をゲット!新年から幸先の良いスタートです。

Dscf3523s

森の中にはこんなハートも発見!愛ですね。

DSCF3540trs

そして今年は申年です。新芽をおいしそうに食べるサルの群れにも出会うことができました。なんか今年は良いことがありそうな、元旦ツアーでした。

ブルネイ・ジャングルツアーのお誘い

2015年12月11日

BRUNEI 憧れの熱帯雨林を往く 2015

2016年2月-寒い日本を飛び出して、熱帯の風を満喫してみませんか?

2月11日東京又は大阪発 6泊7日の旅

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブルネイは、見渡す限り熱帯雨林に覆われたボルネオのエメラルド。民家の屋根や電線にサイチョウが留まる摩訶不思議な自然の王国です。現地のガイド=ジャングル・デイブとともに、YNAC市川がご案内いたします。

石油に浮かぶブルネイは、税金はタダ、医療費はタダ、教育費はタダ。その上庭にはマンゴーがなっているという、パラダイスを絵に描いたような国です。国王ファミリーがラマダン明けには王宮を開放して国民に食事を振る舞い、一人ひとりと握手をしてもてなしてくれるそうです。そんなお国柄なので、国王は敬愛されており、治安は抜群です。なんとなく海外旅行に二の足を踏んでいる人にも、おすすめです。

ツアーはリアルジャングルツアー。リゾートなどではない本物の熱帯雨林を体感していただきます。

 

スケジュール                            (旅行代金308,000円(予価))

 

日付 時刻 行動 宿泊
2月11日(木)  

午前東京又は大阪発。ブルネイへ。空港でジャングル・デイブと合流して、ムンコム・ネチャーパラダイスへ移動。チェックインの後、オオムササビやサルの観察にでかけます。

夕食の後、夜の動物観察で、シベットやスローロリス、眠っている野鳥などを探します。


 

 

Mungkom Nature Paradise ドミトリー泊

2月12日(金)  

 

 

翌朝、丘の上からテナガザルやサイチョウを探します。

朝食の後、フタバガキ混交林のカプールやセランガンバツー、鉄木などの巨木が板根とともにそそり立つ熱帯雨林ジャングルを歩き、熱帯植物や野生動物を観察します。

夜は再び夜行性動物を探します。


 

Mungkom Nature Paradise ドミトリー泊
2月13日(土)   朝、ムラサキヤイロチョウ(Garnet Pitta)などのバードウォッチングを楽しみます。

午後は明るい森の周辺で美しい蝶やサルなどの野生動物を観察します。

夜は再び夜行性動物を探します。


 

Mungkom Nature Paradise ドミトリー泊

 

2月14日(日)   朝からブルネイ最奥部の泥炭湿地林に移動します。

ボートサファリで川沿いに現れる様々なサルや鳥を観察します。

夜はナイトサファリで蛍のイルミネーションを探します。


 

 

サカダ・フォレストキャンプ泊

2月15日(月)   朝からボートサファリを楽しみ、アランの巨木を見にジャングルを分け入ります。(川の水位によっては行けない事もあります。)

ローカルレストランで昼食。

BSBに移動し、リッツェン国際ホテルへ入ります。

その後はフリータイムでショッピングや町の散策を楽しんでください。


 

 

 

Riqzun International Hotel泊

 

2月16日(火)   午前、セリロン島マングローブ森林保護区へ移動し、マングローブのトレッキングに挑戦します。高さ30mを超えるマングローブの森は圧巻です。

夕刻、ナイトクルーズサファリへ。マングローブにボルネオ固有のテングザルを見に行きます。他にもオオトカゲやクロコダイルなどを探します。ジャングル・デイブとクロコダイルの格闘は見ものです。


 

 

Riqzun International Hotel泊

2月17日(水)   チェックアウト

午前、バンダル・スリ・ブガワン国際空港発

夜、東京、大阪着。お疲れさまでした。


 

 

お問合先:屋久島野外活動総合センター ℡0997-42-0944

お申込:風カルチャークラブ
TEL:0120-987-358/FAX:03-3228-5174
E-MAIL:info@kaze-travel.co.jp
※FAX、E-mailでお申込みの場合は、人数、人数分のお名前と電話番号、ご住所をお書き添え下さい。

http://www.kaze-travel.co.jp/oz-i-brnen2.html

 

 

 

 

 

 

女子・一人旅でMTB西部ツーリング

2015年11月22日

sDscf2673世界遺産西部林道は緑のトンネル。さわやかな風が吹きぬけ、ツーリングに最適な季節がやってきました。今日は東京からのレイコさんをご案内。

sDscf2656

ここは野生の王国。次々とヤクザルの群れやヤクシカが姿を見せます。今はまだ恋の季節がつづいています。そここに熱々のヤクザルカップルが寄り添っています。

sDscf2683

美しい渓谷も西部ツーリングの魅力。ちょっと川原に降りて散策したり、オーブンサンドを作りおいしいランチ楽しんだり、心地よい時間を美しい渓谷で過ごすことができます。

sDscf2708

南部にお泊りの方には、最後に海を見ながらのダウンヒルが待っています。広大な東シナ海にむかって一気に駆け下りて爽快なツーリングを締めくくりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縄文杉ツアー 天気に恵まれました!

2015年11月21日

縄文杉

縄文杉に行ってきました。

今回のゲストは15年前に一度屋久島を訪れたことのある北海道のお客さま。

体力も充分にあり、山の道具も良いものを揃えられ、準備万端で臨まれました!

気候も良く、最後に雨が少しだけ降りはしましたが、ずぶ濡れにならず帰還しました。

今期の縄文杉ツアーは大雨中止、延期というケースが比較的少なかったかと思います。

現在、縄文杉デッキの工事が始まっており、工事期間はデッキの回り一部が立ち入りできません。

デッキ上は問題なく使用できます。(上の画像参照)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

下部から見た工事中の縄文杉デッキ 奥に縄文杉が見えます

10月の平日、1日に登る人数は200人を切る時期ですので、夏ほどの混雑は無く、
気温も涼しく、汗だくになる夏とは違い快適でした。

夜は山小屋で1泊。まだ底冷えもない時期なので寒さで震える、ということもありません。

11月も後半になると寒さが厳しくなり、ダウンジャケット、手袋やカイロといった小物が必要です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

高塚小屋 2013年にリニューアルしました!

==========

YNACの「縄文杉」は、日帰りではなく1泊2日の山中泊です。

よく言われるのが、

「10時間以上も歩く」

「1日20km以上歩く」

というフレーズ。

確かに1日日帰りで縄文杉を見ようとすると、最短往復距離が22kmとなります。

しかも山道を含む、この長い距離です。

普段スポーツをしている健脚者でも休憩を含んで9時間以上はかかる道のりです。

普段デスクワークなどで運動不足により体力に自信のない方は、往路は大丈夫でも、

復路で足をつったりヒザを痛めてしまうことがあります。

縄文杉を見て帰って来るには充分な体力が必要です。

「日帰り縄文杉」の弱点は、歩くことで精一杯になってしまいまわりの自然が楽しめない点です。

せっかく縄文杉を見て帰って来ても、あまりの疲労で「もう二度といきたくない!」

「山登りはもう嫌だ!」となってしまっては、とても悲しいですね。

事前に筋力・持久力トレーニングでしっかり体力をつけて望んでください。

ウォーキングではトレーニングになりませんので、スクワットなど筋力トレーニングと、

はじめは2-3kmの短い距離でも構いませんので10分以上のジョギングが有効です。

1泊2日ツアーでは、歩く距離が日帰りの半分になり、自然解説を楽しむ余裕が生まれますが、

宿泊用の重い荷物を背負って歩くため日帰り以上の体力が必要です。

待ち受けているのは長いトロッコ道と、急な階段、急な山道。
ゆっくり登れば大丈夫ですが、重い荷物で息が上がります。

苦労して登り切った先には縄文杉が待っています!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

トロッコ道。片道約7.5km

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

縄文杉のルート

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

高所恐怖症の方は特に注意!

=====

縄文杉を見るのに最適な時期は、4月5月の春の時期、10月11月ごろ涼しくなってきた秋の頃です。

ツアーの選び方としては、まずはYNACの白谷雲水峡やヤクスギランドなど、

人気の森歩きのツアーをゆったりと体験して頂いて、屋久島の自然に親しんでから、がおすすめです。

実際にYNACの「縄文杉」を申し込まれるゲストの方は、2回目、3回目の屋久島旅行で

参加される方がほとんどです。

中には10年通って初めて縄文杉へ。という方もいらっしゃいます。

新婚旅行など特別な記念旅行に、という方も。

もちろん初めての屋久島旅行で縄文杉、というご希望も承っておりますが、

あくまで縄文杉は1本の杉。

それを育てた森の神秘を知るには、エコツアーの最大の楽しみである「自然解説」が

たっぷり満喫できる白谷雲水峡、ヤクスギランドなど、日帰りの「森歩きのツアー」を

ぜひ体験してください!

=====

 

縄文杉ツアーは体力や装備など、事前確認項目が多いツアーですが、

満足度も高く、屋久島旅行をより特別なものにするプレミアムツアーです。

気になる方はお気軽にご相談ください。

女子一人旅でモッチョム岳に登る

2015年11月16日

sDSCF2576c

モッチョム岳の季節がやってきました。今日は女子・一人旅を楽しむ伊賀のアイコさんと登りました。

冬の季節風が吹き始めると、モッチョム岳は穏やかに晴れて暖かくなります。森には冬の樹の実が色とりどりになり、苔むした森が美しく輝きます。

sDscf2547

途中、万代杉・モッチョム太郎といった屋久杉が登山の疲れをいやし、励ましてくれます。

sDscf2539

ロープを登ると目の前に絶景大パノラマが広がります。下で佐野君が盗撮中。

sDscf2557

貸切となった山頂では念願の昼寝タイム。至福の時間を楽しみました。

sDSCF2578c

想定外のアニマルウォッチング

2015年11月14日

市橋農園前でアオサギの散歩に遭遇。
市橋農園前でアオサギの散歩に遭遇。予期せぬ偶然の出会い。ちょっと驚く。
市橋農園は、3代続く老舗のポンカン・タンカン農家さんです。

DSCF0845 ニホントカゲ-00
静かに素早く、ニホントカゲを捕まえました。ゆっくり歩いています。 背が灰色。
日本のサギの最大種で、全長が90cmぐらい。
小学生よりも大きな、水辺に多い「渡り鳥」で、秋冬に屋久島にやってきます。

 

 

まだ大人になりきっておらず、羽毛がボサボサです。本当はもう少しキレイに、体に色が出るのです。
まだ大人になりきっておらず、羽毛がボサボサです。大人なら、首が白く、後ろからは灰色に見えます。
成長すると、頭に黒い羽がぴょんと飛び出ますが、若うちは体全体がくすんだ感じ。
本当はもう少しキレイに、体に色が出るのです
 

 

 

DSCF0851アオサギ
「はーなーしーてー」 このあと、静かにどこかへ飛んでいきました。 10分近く一緒にうろうろ。
まだ温かいうちは、ドライブしながらでも、生き物観察を楽しめます。
かつて、白と黒の中間的な色を「アオ」と言ったので、「アオサギ」。
奈良時代にはそう呼ばれていたそうです。

学名 Ardea cinerea 、「灰色サギ」。英名は Grey Heron、これも「灰色サギ」です。
世界では「灰色サギ」と呼ぶ国が圧倒的に多く、
「アオサギ」と呼ぶのは、日本・中国・オランダなどごく僅かだそうです。

FinPix S-5 pro    nikon 18-300  3.5-5.6ED    樫村撮影

 

女子一人旅でヤクスギランド巨木の森にもぐる

2015年11月11日

aDSCF2296c

初めての女子・一人旅で愛媛の朝日さんが屋久島を訪れました。

雨上がりにやさしい陽射しが差し込み最高のヤクスギランド日和となりました。

dDSCF2269c

のんびりと屋久杉の巨木の撮影を楽しみ、

cDSCF2304c

そそり立つ屋久杉の巨木林に圧倒され、

eDSCF2337c

苔むす森に抱かれました。

ヤクスギランド最高です!圧倒的な屋久杉の森を独り占めにして、心行くまで静寂を楽しむことができました。

屋久島を知り尽くす旅ガイドに聞く

↑ PAGE TOP