屋久島 エコツアー ガイド YNAC コケさんぽ、のんびり ゆっくり 一人旅。屋久杉ツアーならお任せ、カヤック、ダイビング、沢登り、MTB

ツアー満足率96%:女性に人気の大人のツアー
屋久島を知り尽くす 旅ガイドのサイト
屋久島 ツアー ガイド なら満足度95.9%の 屋久島野外活動総合センター YNAC
屋久島 ツアー ガイド なら満足度95.9%の 屋久島野外活動総合センター YNAC
  • HOME
  • 屋久島を体験したいあなたへ
  • ツアーの紹介
  • お客様インタビュー
  • お役立ちアドバイス
  • お問い合わせ
  • 地図・行き方

YNACブログ

想定外のアニマルウォッチング

2015年11月14日

市橋農園前でアオサギの散歩に遭遇。
市橋農園前でアオサギの散歩に遭遇。予期せぬ偶然の出会い。ちょっと驚く。
市橋農園は、3代続く老舗のポンカン・タンカン農家さんです。

DSCF0845 ニホントカゲ-00
静かに素早く、ニホントカゲを捕まえました。ゆっくり歩いています。 背が灰色。
日本のサギの最大種で、全長が90cmぐらい。
小学生よりも大きな、水辺に多い「渡り鳥」で、秋冬に屋久島にやってきます。

 

 

まだ大人になりきっておらず、羽毛がボサボサです。本当はもう少しキレイに、体に色が出るのです。
まだ大人になりきっておらず、羽毛がボサボサです。大人なら、首が白く、後ろからは灰色に見えます。
成長すると、頭に黒い羽がぴょんと飛び出ますが、若うちは体全体がくすんだ感じ。
本当はもう少しキレイに、体に色が出るのです
 

 

 

DSCF0851アオサギ
「はーなーしーてー」 このあと、静かにどこかへ飛んでいきました。 10分近く一緒にうろうろ。
まだ温かいうちは、ドライブしながらでも、生き物観察を楽しめます。
かつて、白と黒の中間的な色を「アオ」と言ったので、「アオサギ」。
奈良時代にはそう呼ばれていたそうです。

学名 Ardea cinerea 、「灰色サギ」。英名は Grey Heron、これも「灰色サギ」です。
世界では「灰色サギ」と呼ぶ国が圧倒的に多く、
「アオサギ」と呼ぶのは、日本・中国・オランダなどごく僅かだそうです。

FinPix S-5 pro    nikon 18-300  3.5-5.6ED    樫村撮影

 

屋久島を知り尽くす旅ガイドに聞く

↑ PAGE TOP