屋久島 エコツアー ガイド YNAC 知識が豊富で楽しさ満載。静かな縄文杉、屋久杉ツアーならお任せ、カヤック、ダイビング、沢登り、MTB

ツアー満足率96%:女性に人気の大人のツアー
屋久島を知り尽くす 旅ガイドのサイト
屋久島 ツアー ガイド なら満足度95.9%の 屋久島野外活動総合センター YNAC
屋久島 ツアー ガイド なら満足度95.9%の 屋久島野外活動総合センター YNAC
  • HOME
  • 屋久島を体験したいあなたへ
  • ツアーの紹介
  • お客様インタビュー
  • お役立ちアドバイス
  • お問い合わせ
  • 地図・行き方

YNACブログ

スラウェシ・奇跡の島の珍獣たち

2017年10月9日

ボルネオとニューギニアの間に位置するインドネシア・スラウェシ島は、どちらとも繋がったことがないにもかかわらず、アジアの動物とオーストラリアの動物が混在する摩訶不思議な世界。棲む動物のほとんどが固有の珍獣ばかりという奇跡の島です。
今回は北部のゴロンタロ州で、バビルサ、アノアの来る塩場の泥地を訪ね、世界の珍獣の観察を試みます。また国立公園では、スラウェシメガネザルやクスクス、マレオを探し、海ではジンベイザメとのスノーケリング楽しもうと思っています。                                          講師 市川 聡
東京・大阪 3月10日(土)発9日間

内容
第1日 出国、中継地ジャカルタにて宿泊
第2日 ジャカルタからゴロンタロへ移動 州都ゴロンタロ市のホテルに宿泊
第3日 午前:ゴロンタロ市からナントゥの森へドライブ 午後:ナントゥの森の泥地でバビルサ、アノアなどの動物を待ちます。
第4日 午前:再び泥地にてバビルサ、アノアなどを待ちます。 午後:ナントゥの森の沢歩きで、ヘックモンキー、アカコブサイチョウ、ルサジカなどを探します。
第5日 午前:見ることができなかった動物を求めて、ナントゥの森を歩きます。 午後:ゴロンタロ市へ移動。市内のホテルに泊まります。
第6日 ナニ・ワルタボネ国立公園へ移動し、メガネザルやゴロンタロモンキーを探し熱帯雨林を歩きます。 夜は国立公園の中でキャンプし、クスクスなどの夜行性動物を探します。
第7日 早朝:マレオの産卵地で産卵行動の観察を試みます。その日保護施設で孵化した雛がいれば、放鳥できます。 午前:セレベスカワセミなどのバードウォッチング。 午後:ゴロンタロ市のホテルへ戻り、買物などを楽しみます。
第8日 午前:市内のビーチでジンベイザメを探します。一緒にスノーケリングも可能。 午後:帰国の途に着きます。
第9日 午前:帰国

詳しくは風カルチャークラブのホームページをご覧下さい。
検索 風カルチャークラブ スラウェシ

http://www.kaze-travel.co.jp/oz-i-slawsichi.html

屋久島を知り尽くす旅ガイドに聞く

↑ PAGE TOP